研究開発

サービス

Sea Greenの研究開発の目的は、私たちが提供するサービスの価値を高め、市場開発、オペレーション強化、生態系サービスを通じて生産者と海藻養殖産業全体の両方に恩恵をもたらすことにあります。 Sea Greenは、パートナーの関与と共同研究を通じてブルーエコノミー全体に必要な行動を推進および促進することで、海藻養殖産業の可能性を最大化し、再生的な分配システムに向けてソリューションを加速させていきます。

オペレーション強化

生態系サービス

市場開発

革新的な製品、栽培種の多様化、統合養殖システムを通じて、海藻の市場価値を最大化します。

製品のイノベーション

原料バイオマスの価値を多様化し、海藻から以下のような革新的な新製品を開発するために、抽出法やバイオ精製手法のイノベーションを促進します。​

  • 代替タンパク質

  • バイオ肥料

  • バイオプラスチック

  • 家畜飼料

栽培種の多様化

現状、熱帯海藻生産の中心は親水コロイド(キリンサイ、カッパフィカス、オゴノリなどの寒天藻やカラギーナン海藻)ですが、多角的に商業価値を持つ他の種類も栽培できる可能性を秘めている。

統合多栄養水産養殖
(IMTA)システム

多様な栄養レベルを持つ複数の種を一緒に養殖し、それぞれの生態系機能のバランスをとる統合多栄養水産養殖(IMTA)の枠組みを用いて、単一養殖システムから再生的アプローチに移行します。

オペレーション強化

オペレーションレベルでの生産性と成長力を高めるとともに、環境への影響を軽減し、沿岸地域のコミュニティの社会的・経済的な回復力を強化します。

技術の有効活用

先進技術を用いてインフラや機器をアップグレードし、合理化とリスク低減を図ります。

  • 環境モニタリング

  • 種苗バイオテクノロジー

  • 養殖業の自動化​

  • 乾燥技術の向上

  • 信頼性の高いトレーサビリティ

  • 再生可能エネルギー

コミュニティ開発

教育、コアスキルの開発、研修、資源の効率化を通じて、生産者と沿岸地域のコミュニティ全体に付加価値を還元します。

  • オンライン学習

  • 生産者向け研修

  • 資源の効率化

生態系サービス

気候変動危機に取り組むとともに、生態系サービスへの支払いを開発することで新たバーティカル市場の可能性を探ります。

二酸化炭素除去 (CDR) 研究

BLUE CARBON LAB (ブルーカーボン研究所)

Sea Greenは、ディーキン大学のブルーカーボン研究所との共同出資による博士課程を通じて、この分野における世界的な研究を支援しています。この研究は、炭素を削減して気候変動を緩和するための海洋ベースのソリューションとして、大規模な海藻養殖の実現に向けた可能性を探るものです。

国連グローバル・コンパクトのビジョンステートメント

Sea Greenは、国連グローバル・コンパクトの海洋管理連合への積極的な参加を通じて水産養殖産業のグローバルな研究やアドボカシー活動を支援しており、2021年に発表されたビジョンステートメントの作成にも貢献しています。

コミュニティベースの炭素除去プロジェクト

パートナーシップ

ブルーカーボン研究とコミュニティ活動および保全活動との連携を促進し、自然資本の保護と大気中の二酸化炭素排出量の削減を支援します。

プロジェクト開発

インドネシアにおけるコミュニティベースのマングローブ再生プロジェクトなど、ブルーカーボン・プロジェクトを促進します。

検証

検証サービスを開発し、プラットフォームを通じて資金を提供するとともに、ブルーカーボン・プロジェクト(海藻、マングローブ、海中植物)のための非営利的カーボンクレジットを可能にします。

生物多様性の向上

持続可能な手法と沿岸保全プロジェクトを通じて、地域の海洋生態系に豊かさを取り戻します

環境保護の強化

過剰な栄養塩の除去や、生態系の環境改善は,局所的な海洋の酸性化や貧酸素化を低減します

脱炭素化

化石燃料由来の製品をカーボンネガティブな海藻製品に置き換え、バリューチェーン(スコープ3)の炭素排出量を大幅に削減します

二酸化炭素の除去

海藻栽培(養殖および天然)中に発生した二酸化炭素を生物学的に隔離します(深海や沿岸堆積物への封じ込め)

気候変動リスクの軽減

データを駆使して知見を養い、環境モニタリングや水質管理、その後の経済的保護の施策を通じて、高まる気候変動リスク(海洋熱波や豪雨など)の影響を最小限にします

プラスチックの削減

プラスチックに代わる持続可能な生産資材の調達を通じて、地域のプラスチック汚染、マイクロプラスチックなどの廃棄物を最小限に抑えます

収入の多様化

統合された水産養殖システムと製品のイノベーションによる収入源の多様化

デジタルリテラシー

グローバルな接続性を強化し、上流利害関係者のデジタル能力を向上させます

教育

金融リテラシーの向上、持続可能な実践力、ビジネス生産性を高めるためのオンラインモジュールの提供

公平な成長

透明で公正な取引を通じて、生産性を公平に反映した富の再分配を行う

雇用の創出

技術、データ管理とシステム管理、コミュニティの運営、復旧作業、サービスを通じて、地域の雇用を創出し、安定させる

市場の安定性

価格変動を抑え、第一次産業従事者の収入を安定させて、力強い市場を育成

貧困の緩和

収入の増加と収入の多様化により、生産者の貧困サイクルを断ち切る

金融へのアクセス

生活の安定性を高めるため、ニーズに基づいた金融商品の開発と提供